小原 秀紀代表取締役

出身
兵庫県神戸市
趣味
映画観賞
好きな映画
ニューシネマパラダイス
資格
宅地建物取引士

わたしにとって、「つなげる」とは?

求められているものと求めているものとを引き合わせること。
お客様のニーズや時代を先読みし、人の気持ちを理解すること
「気づき、気配り、気遣い」が大切にしています。
咀嚼したり、少し形を整えたりして、お互いにとって必要なものに、そして今の時代感に合わせてチューニングを行っていくことです。つなげるとは、全体が程良くつり合いがとれて矛盾や衝突がなく、まとまっている状態を云います。

プロセスを大切にし、お客様にとって納得感のある答えを導き出します。

私が考える会社とは?

日本では、社(やしろ)で会うと書いて、会社です。

私たちが、仕事に使われる言葉「打ち合わせ」の語源は、神官たちが、笛や太鼓の音色をあわせ奏でるところから来ています。とても神聖な儀式なのですね。社長が神主だとするなら、男性社員は宮司、女子社員は巫女さんとなります。

ルーツが神社に在ったなら、その場所で、私たちが、どのように振舞うべきか?
神社の職務は、地域に住まう人々の安全であり、そこには、祈りがあります。日本における会社の姿はそこにあると思います。

会社とは、価値観や理念を共有する人々が、意識を併せて目標に向かい、切磋琢磨し、社会に貢献することで自らの成長を促す場です。

私が想う仕事とは?

「行ってらっしゃい、お帰りなさい」

私の子供の頃の日課は、大きな声でご挨拶。マンションの管理室で、電話の取り次ぎをしたり、入居者様のお部屋に遊びに行ったり...こんなコミュニティの中で育ちました。

実家は、マンション・貸しビル経営をしておりました。また父が事業をしている関係で、生まれながらにしてオーナーであった私。(笑)入居者のみなさんは、なにか贈りものが届けば、分けあったり、オーナーと入居者ともに、温かい笑顔の溢れる環境がそこにはありました。

オーナーと社長の気持ちがよくわかります。だから、今この仕事なんですね(笑)

どうすれば良くなるのか? が解かるからこそ、力になりたい...そんな、当時のあたたかなコミュニティへの恩返しのような気持ちで仕事に臨んでいます。そして、入居者の満足はオーナーの満足、スタッフの満足は会社の発展につながると信じています。

スタッフの成長とは?

  • 純粋、素直、正直
  • 直感力を磨くこと
  • 掃除の徹底(拭く・掃く・磨く)
  • 履物を揃える
  • あいさつをする
  • 整理整頓をすること
  • 紳士淑女であること

これは、目指す会社を具現化するためにスタッフと共有していることです。
人は、気付きで成長します。気づきから学び、学びを実践することで更に成長します。「純粋・素直・正直」。この3つの要素を揃えることを最も大切にしています。

思考はシンプルが一番です。広い心で受け止めていくと必ず、何か自分のアンテナで感じられるものがあると思います。
そのために、直感力を磨くことが必要です。自分を磨くことは、身の回りを磨くことから始まります。いつ誰をお迎えしても、最高のおもてなしができるよう、お客様に満足して頂ける環境づくりが大切です。
そして、「挨拶」をキチンとすること。朝の挨拶、お客様との御挨拶、電話の応対、最初の印象は挨拶によって決まります。ノヴェルのスタッフは、「皆気持ちがよい」と感じて頂けるよう、全員が意識をして心がけています。
私たちは、日々の会話の中で、お互いの現状の位置を確認し合いながら、知性と品格を兼ね揃えた紳士淑女であるよう努めています。スタッフの成長こそ、会社の成長であり、お客様に対するサービスの向上することなのです。

プロフェッショナルとして、謙虚な気持ちで、誇りを持って行動することをお約束します。

蔭山 達也チーフマネージャー(売買賃貸仲介、不動産管理)

出身
広島県広島市
趣味
卓球
好きなこと
スポーツ
資格
宅地建物取引士・損害保険上級資格
CPM(米国不動産経営管理士)

わたしにとって、「つづける」とは?

【真に人のお役に立てる人間となる】これが私の人生の指針です。

人に喜びと安心を提供するためには、自分自身が成長を続けていかなければなりません。
わたしは学生時代から卓球を続けており、そのなかで多球練習というのがあります。これは、多くの球を使って継続して打球する練習方法で、上達への一番の早道と言われております。

多くのお客様と接していくなかで、自分自身が成長させていただいていることに常に感謝し、その人のために何ができるのかを真剣に考え、お役に立つ結果を残すことが私の使命です。

太田 智博

出身
福岡県
趣味
バスケットボール、登山
好きな本
「生き方」稲盛和夫著

わたしにとって、「よりそう」とは?

私は、「よりそう」ことで生まれる、繋ぐ調和のエネルギーで、お客様が笑顔で安心できる社会創りに貢献して参ります。

不動産管理・賃貸仲介に携わり、オーナー様から預かる資産(不動産)と入居されているお客様とをお繋ぎするお役目において、「よりそう」気持ちで、愚直が対応することを一番大切にしております。当たり前のことですが、オーナー様、入居者様との信頼関係を築いていくために、密なコミュニケーションを図ります。そして、受け身にならず、能動的に物事を進め、事を成していく意識で、行動する。その結果が、お客様の納得や満足度へ繋がっていくのです。

小原 総一郎

出身
兵庫県神戸市
趣味
全国各地の祭りに参加すること
好きなスポーツ
アメリカンフットボール

わたしにとって、「むきあう」とは?

「むきあう」ことからすべては始まる。と私は考えています。

私は学生時代、アメリカンフットボール部に所属していました。ひたすら自分より体の大きな相手と向き合い、また、自己と向き合いながらトレーニングに励む日々でした。仲間とともに一つのものに向かってチャレンジしていく中で、怪我などの困難に直面することも多々ありました。その困難を乗り越え、解決したのも「むきあう」ことでした。

物事の本来の有りよう。仲間が本気で思っていること。正面からまっすぐに向き合い、本質を知ることで一つ一つ問題を解決していきました。

「むきあう」ことの大切さ。私は常に、何事にも誠意を持って向き合います。

小原 朋子総務

出身
大阪府大阪市
趣味
HULA(フラ)
好きな場所
ハワイ、沖縄

わたしにとって、「むきあう」とは?

「純粋、素直、正直」は会社の指針のひとつであり、 わたしの人生でも大切にしています。

この3つの言葉を自分に投げかけると、複雑に絡まった物事や思考がシンプルに考えられ、そのものの本質が見えてきます。

不動産はお客さまの大切な住まいや資産を扱う仕事です。見えない部分もある中で、信頼関係を築くことに重きを置いています。
私たちが真摯に丁寧にむきあうことで、安心してお任せいただける会社でありたいと思っております。

街と人と自然が調和され、豊かな社会づくりに貢献できるようにまずは自分とむきあい、社会とむきあい、質的向上を目指していきます。

石塚 智江

出身
茨城県東茨城郡
趣味
スペインタイル作成
好きな人
レオナルド・ダ・ヴィンチ

わたしにとって、「つなげる」とは?

「つなげる」を一言でまとめると、紐や綱などを結び合わせてひと続きにすること。離れたものが一緒に結びつくこと。人に置き換えてみれば、それはとても素敵なことです。

以前、私が憧れる女性の方から、「出会えたことに感謝」と言われたことがあります。その言葉を聞いたとき、私の中の何かが弾けました。大袈裟に聞こえますが、私にとってはとても衝撃的な言葉だったのです。うわべだけのお付き合いでは真に分かち合うことなど出来ません。互いの気持ちを理解し合うことが大切です。そうしなければ、せっかく結べた紐も簡単にほどけてしまいます。

出会いに感謝し、簡単にはほどけない紐のように人と人とをつなげるお手伝いをして参ります。