入居者さまが主催されているイベント「92会」に参加させて頂きました。

弊社が管理をさせて頂いているオフィスビルに
今年からご入居をして頂いているホワイトシップ様。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの会社では、
「アート」をコミュニケーションツールとして考え、観賞すること、描くこと、共有し合うことによって、
わたしたちの生まれ持っている感性を引き出し、仕事やプライベートなどに生かす
アートを通した教育支援やマネジメント、コンサルティングなどを行っています。

とても興味深い事業を行っているので、私共もワークショップに参加させて頂いています。
ワークショップの内容は、また改めてご紹介をさせて頂くとして・・・・・
本日はとても素敵なパーティーについて、レポートをしたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは、アーティスト「谷澤邦彦」氏のごあいさつ。
谷澤さんは、通称「92(くに)」さん。
なんと、この日は9月2日「くに」の日ということ、9月1日がお誕生日ということで
92さんにとっても、Happyな日ではないでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ギャラリーに展示しているアートは、すべて「92(くに)さん」が描いた作品で、
「まる」の絵でも、色によって、表現の仕方によって、全く違う印象を受けます。
抽象的な作品だからこそ、内側から「何か」感じるものが出てきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は、92 artに囲まれながら、オーガニックのさまざまなフードが登場。
ギャラリーの展示アートに合わせた、カラフルなお料理は、やさしく柔らかなお味。
アートとともに、視覚でも愉しませてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、皆さんと歓談の時間。
以前、ワークショップでご一緒だった方と再会したり、新たな人との交流をして、
アートの話に問わず、ビジネスの話をしたりと皆さん思い思いに楽しんでいらっしゃいました。

さて、歓談のあとは・・・
待ちに待った「鑑賞」ワークショップです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんなで、ゆっくり絵を鑑賞して、一番魅かれた絵を選びます。
純粋に何を想ったのか?付箋に「感じたこと」を書いて、絵の横に貼っていきます。

その言葉をひとつひとつ読みあげて、参加者のみなさんの感性を共有させて頂く
「シンプル」で「興味深い」ワークショップです。

感じたままなので、難しいことではなく、「すっぱい」とかそんな感じでいいのです。

わたしたち、世界中でも人はきっと人生のうちに必ず1回は描いているでしょう。
文字は覚えなければならないけれど、絵って、赤ちゃんでも思うがままに描くことができます。
しかも、なんだっていいんです!

人間誰もが、一度はやったことがある!
上手い、下手とかではなく、思うがままに・・・

大人になると、毎日のやらなければならない作業に追われて、
本来の自分?感性をいつのまにかどこかへ置いてきてしまうことがありませんか?

忙しいビジネスパーソンこそ、作業や数字ではなく、
自分の感性を取り戻して、心を落ち着かせることが大切なのかもしれません。

皆さんの感性に触れさせて頂き、とっても楽しませて頂きました。

ホワイトシップ様のアートプログラム、是非一度参加してみてください。