NAGAYA cafe presents X,mas Party 2014 in NAGAYAかわさき

10730217_1601596653394611_5899144952935895039_n

2014年12月17日(水)。月1回定期交流会「NAGAYA cafe」の年末特別バージョンとして、Xmasパーティーが行われました。
さて、はじめてのXmasパーティーは・・・??

6

NAGAYA cafe かわさきの1番の魅力は、NAGAYA officeの主人「広瀬さん」のお手製料理。この日は、Xmasパーティーということで、いつも以上に腕をふるってくれました。広瀬さんがお料理をして、スタッフの赤尾さんがサポートする姿はまるで父母のよう。お隣のオープンスペースでは、メンバーさんが真剣な目でPCに向かって、お仕事中。みなさん、机に向かっているので、なんだか遠くからこの風景を眺めると、夕飯まで宿題をやっている子どもがたくさんいるかのよう。キッチンスタジオが併設されていることと、かわさきのアットホームな雰囲気が見事に重なり合って、まるで、家族の時間を切り抜いたようなあたたかさがあります。

2

参加者の皆さんの集まりを待ちながら、仕込みがひと段落して、18時45分頃から、いよいよXmasパーティーがスタートしました。最初は0人だった、このシェアオフィスもこんなに多くのメンバーさんが集まってくれました。広瀬さんの年の瀬のご挨拶も、その姿を見守るスタッフの赤尾さんも、この1年の想いが表情に込み上げているのが印象的でした。さて、干渉に浸る前に「ごはん!」「ごはん!」「お腹空いた―!」ってことで…、広瀬&赤尾スペシャルディナーを頂きましょう。

1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Xmasらしい豪華なお料理の数々。
ローストビーフも手づくり。絶妙な焼き加減と柔らかさ。こんなスペシャルメインディッシュが作れるなんて、素敵すぎます。こちらのローストビーフは、赤ワインのグレービーソースを絡めて頂きます。そして、お次は、ヒラメのカルパッチョサラダ。1周年記念イベントのときに、寒ブリの解体ショーを披露してくださった小林さんがご用意してくださったヒラメ。こちらは、サラダの具材と柑橘系の手づくりドレッシングと一緒に頂きました。ヒラメの丁度良い歯ごたえと、淡泊な味わいが、スッキリとして、お肉との相性も抜群です。

9

メンバーの皆さんも嬉しそうに、黙々と一品一品お料理を盛り付けていらっしゃいました。バケットと共に楽しむディップも2種類。赤尾さん特製のチリコンカンとアボガドソース。個人的にすごく美味しかったのが、チリコンカン。辛すぎず、日本人好みの味付け。皆さんにもご好評だったようで、すぐにすっかりなくなってしまいました。他にも、ポテトときのこのソテーやチキンのトマト煮など、ボリュームたっぷりのメニューが並びました。

さて、お料理を取り分けたら、各自着席。このレストラン方式?着席方式?が、かわさきならでは。メンバーさん同士の小さな宴会がスタートします。

4

5

NAGAYAかわさきを通じて、新しいコミュニティが出来て、ここに集まると、ついつい井戸端会議をしてしまう。いつも机を並べて仕事をしている仲間同士、お部屋は異なるけれど、同じシェアオフィスで仕事をしている仲間同士、いつもNAGAYAかわさきにいるわけではないけれど、たまにオフィスを利用するとあたたかく迎えてくれる仲間。世代を超え、業種を超えた人たちが集まって、お互いに協力しあいながら、共にお互いの仕事を応援していく、NAGAYAスタイルがいよいよ「かわさき」にも根づいています。人と人との繋がり以上にかけがえのない、尊いものはないのではないか?と、つくづく染み入ります。

13

各テーブル毎に盛り上がりすぎて、なかなか進行が進まないほど…。でも、皆さんが楽しく膝を向けて、呑んで食べて話していること。それがNAGAYAにとって、最高のカタチです。同じ場所を共有する仲間だからこそ、共通の話題が盛りだくさんで、業務上のつながりがないからこそ、気兼ねなく何でも話せる。この絶妙な距離感の友人は、とっても居心地がよいのでしょう。

皆さん、盛り上がっているところをちょっと失礼して、もう一度「NAGAYA」ってなんだろう?ということを再確認しながら、今年1年のかわさきの軌跡を振り返ります。

11

今年のNAGAYAは、「広がり」の年でした。武蔵小山の ko(子)-nagayaからはじまり、シェアル日本橋の運営、NAGAYA本町のオープンなど、NAGAYAの拠点が一気に増設された1年でした。NAGAYAイズムが、東京を超え、関東を超え、広がっていく喜びがありつつ、なかなか本来の拠点で、メンバーの皆さんとの交流が出来なかったのが残念ではあったとおっしゃっていた広瀬さん。でも、主人がいないオフィスを一生懸命盛り上げ、支えていたのが、女将の赤尾さん。ここまでかわさきのメンバーさんが増えて、NAGAYA的繋がりが生まれたのは、赤尾さんの熱意と努力の賜物です。来年は今あるオフィスの地固めの年にしていきたい!とのお話もあったので、またNAGAYAかわさきのコミュニティーがより広がり、より深くなっていくことを期待したいと思います。

この1年を振り返りながら、メンバーさんへの感謝の気持ちを込めた発表タイムのあとは、Xmasらしく「じゃんけんポン!ゲーム」。ジャンケンに勝ったら、プレゼントゲットです。AOYAMAのメンバーさんデザインの革小物をはじめ、NAGAYAにかかわってくださっている皆様からのご協力の品々です。

8
3

7

童心に帰ったかのように、ジャンケンに夢中になる大人たち。そういう姿って、逆に素敵です。
こんなにたのしいXmasパーティーが開催できるのも、NAGAYAのコンセプトに賛同してくれて、ここで仕事をしよう!とメンバーになってくださった皆さんのおかげです。また来年も更にパワーアップしたかわさきコミュニティーが築けるよう、スタッフ一同、精進してまいりたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

来年もNAGAYAかわさきを、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
HAPPY Xmas♡