BLOG

納涼会 2016 ~働くこと、暮らすこと~

2016.08.18 | NOVEL Academy

NOVEL Academy Present’s 【G.U.Style 主催】 納涼会2016~働くこと、暮らすこと~ を開催致します。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 一級建築士でありながら、宅建取引主任士でもある、小薬順法さん。 建築と不動産、常に相互扶助しながら歩んでいる業界です。密接に関係し合うこの業界により深くかかわることを望み、2足の草鞋でスタートしたのがG.U.style。 いつも笑顔であたたかな小薬さんが目指す先にあるものは、「お客様の笑顔」。そのために、技術や知識だけでなく、2つの業界で生きるからこその独自な視点で、価値の最大化を目指しています。仕事を「仕事」として捉えるのではなく、「仕事=生きる」と捉え、やりたいコト、やるべきコトで自分の心の通りに従い行動することを「仕事」と考えています。 いつも笑顔でキラキラ輝きを放つ小薬さんは、NOVEL Academyの受講生の中でもとても人気者です。 Academyだけでなく、建築のお仕事でも、他の受講生との繋がりを持って、人に「幸せ」を与える姿は、とてもステキです。 今回、小薬さん率いる「G.U.Style」が新たなプロジェクトを立ち上げました。 その名も… akura_logo1 4年以上前、サラリーマン時代の小薬さんの考え方は、仕事とプライベートは別のもの。仕事とプライベートのバランスのなかで、仕事量が増えると「イライラ」が募っていました。仕事とプライベートの間につくった境界によって、感情が左右されていたと云います。 「「暮」の時間に「商(仕事)」の時間が割り込まれるのがストレスだった。」 しかし、今はまったくそう思わなくなったと云っています。 なぜなら、「イライラ線」を「暮」と「商」の間に引かなくてよいと気づいたから。 「暮」と「商」。それはどちらにとっても自分自身には必要なことで、優劣はないのです。会社員、経営者、個人、法人、自分の立場は関係なく、人間として、どちらも合わせて「生」=生きるということではないでしょうか? どうせ生きるのであれば、幸せに生きたい!自分のやりたいことをしたい! 自分のできることは小さいかもしれないけれど、やりたいコトができる場所を提供することはできる! そんな想いから、「商い」と「暮らし」を共存して生きる場所を紹介するプロジェクトができました。それが「商い暮らし」です。 >>>>>>【商い暮らし】のサイトはこちら!! R00418151 まだ残暑厳しいこの時期にビール片手に納涼しながら、皆さんと「働くこと、暮らすこと」について考えたい!と思います。日頃、忙しかったり、目先の用事に追われて見失いがちな、物事のそもそもの「あり方」について、考えるきっかけになれば嬉しいです。色々な人と話したり、聞いたりして「なるほど!」や「そういえば・・」、「だからかなぁ」など自分の中で眠っていたものを何か一つでも見つけてください。 G.U.style として起業し早4年、何をして暮らしているのか、どんなことを考えているのかを知らない友人も多いはず。 これから我々がやりたいコト「商い暮らし」とは一体何なのか?発表します! そして、「あり方」という視点で、amazonビジネス書不動産部門第1位獲得した「不動産の仕事」の著者、小原秀紀による「小原トーク」の時間もご用意しています。 お盆休みも終わって、本格的にエンジンがかかるこの時期、原点に立ち戻って、「仕事」と「暮らし」について考えてみませんか? OLDHAUS_web_photo *出典 http://oldhaus.jp/ 【日時】 2016年8月23日(火)19:00~22:00 【場所】 並木橋 OLD HAUS(築80年の古民家) 東京都渋谷区東1-26-32 【会費】 3,000円/人 飲み物(ビール、レモンサワー、ソフトドリンク) 軽飲食有り >>>>>>【商い暮らし】のサイトはこちら!! *ご参加希望の方は、NOVEL Academy事務局(03-57770-5011)までお問い合わせください! 【お問い合わせ】 NOVEL Academy事務局  0120-23-5011  info@novelasset.co.jp Facebookページはこちら>>>