無気力と集中力。

1月~3月、不動産業界は一年で一番の繁忙期。
シーズンを迎え、各社とも多くのお客様がお部屋を選ぶためにご来店されています。
私たちの豊かな生活の中には「選ぶ」という言葉で溢れています。

「休日、何処へ行くのか?」
「何をするか?」
「何を食べる?」

満たされた中では何のために生きるのか?さえも迷う事もあります。
そうなんです。情報過多な環境で人は目の前に現れる多くの選択肢を前にして、
少し疲れて無気力になる傾向もあります。

気力が無い事を攻めて落ち込む場面を見る事もありますが、気力が無いと云って落ち込むこともありません。
無気力の正体は、「先延ばし」だと思います。
要は、今は、決める事をやめているだけなのです。
「無気力」に見える人は、やる気を喪失したわけではなく、決定を先延ばしにしているだけなのです。
だから、目の前の後回しにしてきた簡単で30秒くらいで出来る事からやっつける。(笑)
するとみるみるうちに出来る、やれるという感覚が戻って来るから 不思議ですね。
集中力=気力です。
改めて今に気持ちを置くことの大切さを感じずにいられません。