BLOG

タワーマンション 購入時のポイント -プロの視点3選

2020.11.13 | 空室対策

おかげさまです。

不動産コンサルタント蔭山達也です。


オーナーのための不動産チャンネルをご覧いただき、ありがとうございます。


今回は、タワーマンションについてお話します。


タワーマンションは、週刊誌等の特集でも賛否両論、書かれますね。


先日も、同じ時期に、ある雑誌では、タワーマンションが売れていないというネガティブ特集、もう一方の雑誌では、タワーマンションの売れ行きが良いポジティブ特集が掲載されていました。


どっちなんだ、と思いますよね・・・


まず、タワーマンションが良いか悪いか、それ自体は不毛な議論だと思っています。


これは、賃貸が得か、売買が得か、という議論に近いかもしれません。


物件によって出てくる答えはまったく異なりますので、その議論に意味はありません。


しかし、そうは言っても、タワーマンションに興味がある人は、見るべきポイントを大切にしておくべきです。


購入後のしまった!では遅いですからね。


実際、私は、タワーマンションに住んでいますが、当初は安易に見過ごしていたところが、住んでみて大切なポイントだと分かった経緯もあり、それが次の3つです。



  1. 何階を選ぶべきか
  2. 方位は東が理想的
  3. 各フロアにゴミ置き場はあるか


1、何階を選ぶべきか


一般的にタワーマンションは、20階建以上の建物を指すことが多いです。


しかし、最近の駅前再開発や湾岸エリアで開発されるタワーマンションなど、40階~50階というのも当たり前のように増えてきています。


そんななかで、低層階と高層階、どちらがお勧めか、ということを聞かれます。


価格設定含めて、一長一短はありますが、個人的見解としては、タワーマンションは、やはり眺望が一つの売りです。


眺望だけを捉えると、低層階よりも高層階のほうが良いのですが、それ以上に高層階をお勧めしたい理由が他にあります。


それは、エレベーター問題です。


会社勤めを前提にする場合、朝は7時~8時に出かける人も多いと思います。


タワーマンションの場合、総戸数も500戸以上などは普通ですから、エレベーターもそれなりの台数が設置されています。


そのため、極端に長くエレベーターを待つということはありません。


しかし、所在階によっては、エレベーターが到着しても乗れないことが多々あります。


たとえば、私は毎朝このような光景を目にします。


40階建のマンションで私は28階です。


私が乗る時点で平均3~4人くらいが乗った状態で降りてきます。


私を乗せて下へ向かい、20階くらいでエレベーターは5~6人、多い時で7~8人に増えています。


そのため、10階~15階くらいで待っている人は、せっかくきたエレベーターに乗れずに、次のエレベーターを待たれています。


マンション内の子供の登校の時間帯とかぶるということもありますが、朝の急いでいる時間帯で、これは結構ストレスですよね。


40階建くらいであれば、15階より下の階を選ぶ場合は、その点を気にしておくべきです。


マンションによっては、エレベーターが、低層階用と高層階用で分けられている場合もあるかもしれません。


その場合は大丈夫なのですが、そうでないマンションは25階以上を選んだほうがストレスを感じるリスクは軽減されます。


もしくは、眺望にこだわらないのであれば、エレベーターを使わない1階や2階などであれば良いかもしれません。


2、方位


不動産の定説は、南向き、ですよね。


しかし、タワーマンションの場合は、一概にそれはあてはまらいです。


それはなぜか・・・周辺はさえぎるものがないため、通常のマンションや戸建てと比較すると、あまりに日が入ってくるからです。


南向きはまだ良いのですが、西向きの場合、タワーマンションだと、午後の日差しはかなりきついと聞いたことがあります。


そのため、私自身は南向きではなく、東向きを購入しました。


階数、或いは周辺状況によっても異なりますが、タワーマンションにおいては、南向きにこだわる必要はないということです。


暑がりや寒がりなど個人の感じ方があるので一概には言えませんが、タワーマンションであれば、できれば東向きや南向きがお勧めです。


なお、余談ですが、あるタワーマンションでは、同じ階数で、南向きより北向きのほうが高く売れていました。


それはなぜか・・・そのマンションは、東京タワーにも近いのですが、北向きの部屋は東京タワーが見えて、南向きは見えない、という位置にあったためです。


タワーマンションは、方位よりも眺望が優先されて選ばれていることが、よく分かりますよね。

  • 各フロアにゴミ置き場はあるか


最近のタワーマンションは、ほぼ各フロアにゴミ置き場はあります。


私自身は、この各フロアにゴミ置き場が本当に助かっており、玄関から数秒でゴミ出しが終わります。


室内は、常にゴミが少ない状態を保てますので、かなり気持ちよく過ごせるのも事実です。


すべてのタワーマンションは各フロアにゴミ置き場があるかと言えば、そうではありません。


初期のタワーマンションや高層マンションには、ゴミ置き場が必ずしも各フロアにない物件はあります。


そうなると毎回ゴミを持ってエレベーターに乗って捨てに行くことになり、これはこれで結構ストレスになるかもしれません。


もちろん、各フロアにゴミ置き場があれば、その分、清掃作業人が増えることを意味しますので、マンション管理費との関連性も生じます。


しかし、それでも優先順位として利便さや快適さをあげられる人であれば、各フロアにゴミ置き場があるかは事前に確かめておくポイントの一つです。


いかがでしょうか。


今回お伝えしたかったのは、タワーマンションだけをとって良し悪しを述べることはできなく、物件ごと或いは部屋ごとによっても全く異なってくるという点です。


そして、駅距離や共用施設以外の部分で、タワーマンション購入に際して見るべき大切なポイントでした。


住んでみないと見えないことはあるため共有したのですが、タワーマンション購入を真剣に検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。


以上となりますが、最後までご視聴いただき、ありがとうございました。


ぜひ、チャンネル登録もよろしくお願いします。

おかげさまです。蔭山達也でした。